世界のエッジAI最新動向(2020/4/24)

エッジAIに関する有用な技術が生まれてくる可能性が高いと思われる各国(日本、アメリカ、ドイツ、中国、インド)について、エッジAIに関する最新動向を調査した。

調査対象は、各国検索エンジンにて30位までの検索結果に表示される企業ページの情報とした。

調査結果

会社名本社所在地事業内容概要・更新情報
Twisthinkアメリカ組み込みシステム、ビジョンシステム、IoT、UI / UX、ウェアラブルテクノロジー、医療および家庭用電化製品、機械学習/ AI、工業デザインブログ上で「When to Bring AI to the Edge」というタイトルでエッジAIについて言及。
Lionbridgeアメリカソフトウェア、ハードウェア製品の国際化と地域化に対応するため翻訳、ローカリゼーション、テスティング、ソフトウェア開発、ソフトウェア保守Lionbridgeの日本法人であるライオンブリッジジャパンがブログ上で「近年話題のエッジAIと今後の活用事例を紹介」という記事を掲載。
富士通コンピュータテクノロジーズ日本組込みシステム(ハードウェアおよびソフトウェア)の開発/設計、評価検証、サービスを提供「エッジAIにおける課題と施策」というPDF資料にてエッジAIについて説明。
Fraunhofer FOKUSドイツ研究開発「Machine Learning on the Edge」というタイトルのセミナーについて告知。
EN:ai中国エッジAIボードやチップの設計IoTボード、FPGAボード、ASICチップといった様々なエッジデバイスでAIアルゴリズムを使えるようにするという概要の記述あり。
Aerialtronicsオランダドローン、人工知能、およびIoTデータを利用したソリューション開発「PENSAR CAMERA & SDK」というカメラ付きのエッジAI用の製品を紹介。
Udacityアメリカオンライン教育「Intel® Edge AI Fundamentals with OpenVINO™」という講習を開講。

以下が検索結果である。

Twisthink

検索国検索キーワード検索順位ページタイトルURL
ドイツAI at the edge20When to Bring AI to the Edge | Twisthinkhttps://twisthink.com/when-to-bring-ai-to-the-edge/
インドAI at the edge24When to Bring AI to the Edge | Twisthinkhttps://twisthink.com/when-to-bring-ai-to-the-edge/

Lionbridge

検索国検索キーワード検索順位ページタイトルURL
日本エッジAI19近年話題のエッジAIと今後の活用事例を紹介 | Lionbridge AIhttps://lionbridge.ai/ja/articles/edge-ai-computing-deep-learning/

富士通コンピュータテクノロジーズ

検索国検索キーワード検索順位ページタイトルURL
日本エッジAI28エッジAIにおける課題と施策 – Fujitsuhttps://www.fujitsu.com/jp/group/fct/documents/events/et2019_06.pdf

Fraunhofer FOKUS

検索国検索キーワード検索順位ページタイトルURL
ドイツAI at the edge25Machine Learning on the Edge – Fraunhofer FOKUShttps://www.fokus.fraunhofer.de/en/akademie/trainings/machine-learning-im-edge-computing

EN:ai

検索国検索キーワード検索順位ページタイトルURL
中国Edge AI26Edge AI | EN:ai | Hong Konghttps://www.enaichip.com/

Aerialtronics

検索国検索キーワード検索順位ページタイトルURL
中国AI at the edge9PENSAR SDK – Develop & Deploy your AI Applications at the Edgehttps://pensarsdk.com/

Udacity

検索国検索キーワード検索順位ページタイトルURL
インドEdge AI9Intel® Edge AI Fundamentals with OpenVINO™ – Udacityhttps://www.udacity.com/course/intel-edge-AI-fundamentals-with-openvino–ud132