世界の説明可能なAI(XAI)最新動向(2020/7/27)

AIに関する有用な技術が生まれてくる可能性が高いと思われる各国(日本、アメリカ、ドイツ、中国、インド)について、説明可能なAIに関する最新動向を調査した。

調査対象は、各国検索エンジンにて30位までの検索結果に表示される企業ページの情報とした。

調査結果

会社名/組織名本拠地事業内容概要・更新情報
Beyond Limitsアメリカ人工知能、機械学習、認知コンピューティング説明可能なAIの技術を保有し、ディープラーニングなどのブラックボックスAIにおける課題に対してBeyond LimitsのコグニティブAIソリューションは常に「説明可能」であるとの記述あり。
ALBERT日本データソリューション事業(AI活用コンサルティング、ビッグデータ分析、AIアルゴリズム構築とシステム開発・運用、AIを用いた独自プロダクトの提供、データサイエンティストの育成支援)ブログ記事で、説明可能AIについて解説し、研究動向・応用事例について紹介。
Steadforceドイツ高度な分析、ビッグデータ、ソフトウェア開発、AI、機械学習、クラウド、データサイエンス、データエンジニアリング、IoT、アジャイル、自然言語処理(NLP)説明可能なAIの手法であるLIMEについて言及。

以下が検索結果である。

Beyond Limits

検索国検索キーワード検索順位ページタイトルURL
日本説明可能なAI13説明可能な人工知能 | beyond.ai – Beyond Limitshttps://www.beyond.ai/ja/technology/explainable-ai/

ALBERT

検索国検索キーワード検索順位ページタイトルURL
日本説明可能なAI26Explainable AIに関する技術調査 | ALBERT Official Bloghttps://blog.albert2005.co.jp/2020/06/26/sunvey-on-explainable-ai/

Steadforce

検索国検索キーワード検索順位ページタイトルURL
ドイツExplainable AI25Explainable AI with Lime – We explain how it works! – Steadforcehttps://steadforce.com/en/explainable-ai-with-lime/