世界のエッジAI最新動向(2020/8/27)

エッジAIに関する有用な技術が生まれてくる可能性が高いと思われる各国(日本、アメリカ、ドイツ、中国、インド)について、エッジAIに関する最新動向を調査した。

調査対象は、各国検索エンジンにて30位までの検索結果に表示される企業ページの情報とした。

調査結果

会社名/組織名本拠地事業内容概要・更新情報
ONE Techアメリカ人工知能、AI、産業用モノのインターネット、IIoT、NLP、RPA、スマートシティ、ビルディングオートメーション、IoT、モノのインターネット、ビッグデータ、機械学習、予測分析、アセットパフォーマンスの最適化、セキュリティ、エッジコンピューティングブログ記事にて、同社製品MicroAIの「エッジデバイスでローカルにAIモデルをトレーニングする独自の機能」により予知保全を効率的、生産的に行えるという記述あり。
AAEON台湾OEM / ODM産業用PCを製造および販売「AI @ Edge:自動光学検査における人工知能ビジョン」という資料を公開している。

以下が検索結果である。

ONE Tech

検索国検索キーワード検索順位ページタイトルURL
日本Edge AI30Edge AI – IoT展開のパフォーマンスを最大化 – onetech.aihttps://www.onetech.ai/ja/blog/the-powerful-advantages-of-predictive-maintenance

AAEON

検索国検索キーワード検索順位ページタイトルURL
中国Edge AI29AI @ Edge:自动光学检测中的人工智能视觉 – AAEONhttps://www.aaeon.com/cn/ai/boxer-6841m-aoi-app-story