Research

世界のエッジAI最新動向(2020/10/16)

2020年10月16日
By E-ARC

エッジAIに関する有用な技術が生まれてくる可能性が高いと思われる各国(日本、アメリカ、ドイツ、中国、インド)について、エッジAIに関する最新動向を調査した。

調査対象は、各国検索エンジンにて30位までの検索結果に表示される企業ページの情報とした。

調査結果

会社名/組織名本拠地事業内容概要・更新情報
Antmicroスウェーデン各産業向けソリューション導入支援、セキュリティソリューション、測定技術HPにて、エッジAIとそれを使うために必要なエッジデバイスについて説明している。
NVIDIAアメリカ半導体(GPU等)の開発・製造・販売2020年1月のニュースリリースにて、Hacksterと提携しエッジAIに取り組んでいくと発表。
StrataHiveインド人工知能や機械学習に関するコンサルティング、教育サービス「ARTIFICIAL INTELLIGENCE (AI) SOLUTIONS ON EDGE DEVICES」というブログ記事にて、エッジAIや、当社のエッジAIソリューションついて解説。

以下が検索結果である。

Antmicro

検索国検索キーワード検索順位ページタイトルURL
ドイツEdge AI29Antmicro · Edge AIhttps://antmicro.com/services/edge-ai/

NVIDIA

検索国検索キーワード検索順位ページタイトルURL
中国AI at the edge29NVIDIA Partners with Hackster for AI at the Edge C…https://developer.nvidia.com/node/888021

StrataHive

検索国検索キーワード検索順位ページタイトルURL
インドAI at the edge30Artificial Intelligence (AI) Solutions on Edge Devices – StrataHivehttps://stratahive.com/artificial-intelligence-ai-solutions-on-edge-devices/