Algorithms

エイシングは創業時よりエッジデバイスに組み込み可能なAIアルゴリズムの研究・開発を重ねてきました。
エッジでリアルタイムに学習・予測が可能な独自AIアルゴリズム”AiiR(AI in Real-time)”シリーズによって、従来型のクラウドAIではクリアできない課題を解決します。

MST - Memory Saving Tree
MST(Memory Saving Tree)は、指先大のマイコンへの実装を実現した超軽量かつ高精度なエッジAIアルゴリズムであり、KB(キロバイト)オーダーのメモリ上で動作します。
Arm Cortex-Mレベルに実装可能な省メモリ性により、GPUなどの専用機器を必要とせず、エッジ側で既存のマイコンに組み込んで推論が可能です。
また状態変化に追随する逐次学習の機能も備えています。

MSTの詳細についてはこちらのページをご覧ください。 https://aising.jp/mst/
SARF - Self Adaptive Random Forest
ランダムフォレストをベースとし、逐次・リアルタイム学習を可能としたAIアルゴリズムです。
多量データ処理と高精度というランダムフォレストの特長に加えて、状態の変化に追随することが可能です。
DBT - Deep Binary Tree
エイシングが初期に開発した木構造のAIアルゴリズムです。
軽量・インターネット接続不要、逐次・リアルタイム学習、説明可能なAIという特徴を持ちます。
逐次学習が可能であることにより、状態変化に追随することが可能です。