技術コンセプト

既存技術の不可能を可能にー

エイシングが独自に開発したAIは、今までにないレベルで機械の効率化や性能の向上を実現可能です。

エイシングのAIについて

エッジAI(エッジAI/エンドポイントAI)とは、従来のAIにおいてクラウド側で行っていた予測をエッジデバイス側で行うようにしたAIのことを指します。予測をエッジ側で行うことにより、従来のAIにおける通信遅れなどの問題を解消することができます。わずかな通信遅延が致命的となる製造工程において、生産設備に組み込んでご利用いただくのに最適なAIです。

従来AIとエイシングのエッジAIの違い(一般との比較)

AISingの独自エッジAIの3つの特徴

省メモリ- マイコンに搭載可

一般的なアルゴリズムと同等以上の精度を有しつつ、省メモリなためKBサイズのマイコン上にも搭載可能です。生産設備や製品に組み込んでご利用いただけます。

高速- マイクロ~ミリ秒オーダーで動作

省メモリのマイコンでもマイクロ秒からミリ秒での予測が可能です。高速な制御を必要とする生産設備や製品においてもリアルタイム性を確保することができます。

追従- 現場で運用しながらどんどん賢くなるAI

デバイス上で常に学習し、機器ごとの経年劣化や環境変化などに追従します。モデルの更新時、クラウドとの通信を必要としないため、通信コストやセキュリティリスクもありません。

PID制御へAI予測器を追加する「AI-PID制御」

PID制御は、誤差が発生してから制御量を後追いで調整する制御(フィードバック制御)です。そのため、急激な外乱等の影響を避けることが難しい、収束までに時間が掛かるといった課題があります。フィードフォワード制御という先回りで調整する制御もありますが、これには予測モデルの構築が必要であり、調整が複雑です。当社が「AI-PID制御」と呼ぶ手法では、AIを予測モデルとして用いることで高度な制御を実現します。

追加学習