スタッフ紹介

Our Proud Professionals.

AISingを代表するプロフェッショナルたちは、道なき道を切り拓いてきたメンバーばかりです。
その歩みの一部をぜひ知ってください

研究開発部

組み込みエンジニア

一問一答で深堀

保有資格・スキルを教えてください

C/C++、画像処理、メカ設計、電気設計

"座右の銘"は

Hope for the best, but prepare for the worst.

周りからどんな人と言われるか

元気だな~

これまでのキャリア~『悔しさが原動力だった前職時代』

前職の大手電機機器メーカー時代にモーターの設計に携わっていましたが、当時のその会社ではモーター事業は縮小の一途。お荷物のような扱いを日々感じて、本当に悔しかった。だから、技術力を上げるために必死でした。そんなある日、モーターの振動を改善するための仮説を思い付いて試してみると、それが見事にはまった。お客様に高く評価され、最終的には社長賞を受賞しました。
悔しさはバネになりましたね。

エイシングに入社した理由~『新たなステージで自分のすべてを後進に伝えたい』

定年のタイミングでそのまま研究室に残ることもできましたが、節目ということもあり、せっかくなら新しいことをやってみたいという気持ちがありました。CEOの出澤さんと共通の知り合いがいたことから、もともとエイシングの技術に興味を持っていましたし、若手中心の会社だからこそ、自分の技術や経験を余すところなく伝えることのできる場になるのではないかと思ったんです。

一緒に働きたい若手とは~『自らアクションを起こせる人はグングン伸びる』

私は仕事に対して「待ちの姿勢」ではない人と働きたいです。
エイシングは大企業のような階層性によるしがらみがないため「こうしたらより良くなるんじゃないか?」「こんなことにチャレンジしたい!」と率直に声を届けることできる環境であると感じています。是非興味を持ったことを自主的に学んだり、会社を良くするために積極的に提案をしてみてほしいと思います。

若手メンバーの声

『生田さんとは展示会等でお客様に分かりやすくエイシングAIを伝えるためのデモ機制作を一緒に進めています。生田さんはハードウェアの設計で私は主にソフトウェアを担当していることもあり、二人三脚で常に意見を交換し合いながら取り組みました。年齢が離れていても、エンジニアとして対等に扱ってくださることが嬉しく、だからこそ社内外からも評価をいただけるモノづくりができているのだと思います。そんな生田さんは私にとって一番の理解者です。(若手組み込みエンジニア)』

ある1日のスケジュール

6:00
起床

・通勤がてら3駅分は歩いたり走ったりしながらオフィスへ

9:00
業務開始

・今日のタスク確認
・デモ機の設計・製作のための構想や仕様策定など

12:00
ランチ

・オフィスおかん(社食サービス)で昼食を手早く済ませる
・坂道ダッシュに向かう

13:00
社内会議など

・部署の週1回の情報共有ミーティング
・新しいマイコンのドキュメント読み込み
・自ら獲得した知見の部署内共有
・オフィスの手すりが壊れているのを見つけ修理対応(なんでも作ったり直したりできます)

18:00
業務終了

・着替えてランニングに備える

18:30
ランニング部

・3種類のコース(国立競技場コース/赤坂御所コース/皇居コース)からメンバー要望を踏まえて選択
・ゴールはオフィス1F。アドレナリン効果によりそのまま仕事に戻ることも